AGA 治療 病院

AGAの治療と病院選びについて

こんにちは。このサイトでは、AGA治療のための病院・クリニックの選び方について詳しく書いています。

 

 

少しでも早く薄毛の状態を改善したい
費用がかからず効果のあるAGA治療を行いたい

 

という方の参考になれば嬉しいです。

AGA治療で病院にいくことについて

 

AGAの治療を効果的に行うには、専門家に診てもらうことが欠かせません。市販の治療薬やサプリなどの方法もありますが、医師の見立てと医師が処方する薬の効果は段違いに大きいものがあります。

 

薬局や通販等で売っている薬というのは一般の人が購入できるものなので、効き目を弱くしているのはご存知だと思います。医者ではない人が判断して購入するのですから効果の高い薬を販売することは出来ないのです。

 

効果を弱めた大衆市販薬
医師のみが処方できる処方薬

 

のどちらが効果が高いかは言うまでもありませんね。

AGAの治療で行く病院・クリニックはどこがいい?

AGA治療は病院やクリニックまでが少し離れていても、医師の診断を受けることをお勧めします。

 

次に、AGA治療におすすめの病院(クリニック)を紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

 

(1)AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニックは、薄毛や抜け毛に悩む人のための発毛・育毛専門クリニックです。AGAに特化したクリニックであるので、AGAの症状を総合的に判断し適切な治療法を進めることが出来ます。オリジナル発毛薬「Rebirth」は、フィナステリドとミノキシジルを主成分としアミノ酸やビタミンをバランス良く配合した薬品です。こうしたAGA専門性や治療法により、豊富な治療実績と発毛実感率99.4%を誇るクリニックです。

 

 

(2)新宿AGAクリニック
新宿AGAクリニックは、女性の薄毛(FAGA)に特化した薄毛治療クリニックです。女性の薄毛治療に精通した女性カウンセラーが対応しますので、女性ならではの悩みや生理状態にも受け止めることが出来ます。個室の対応でプライバシーにも改善配慮。安心して受診できる環境が整ったクリニックです。治療面でも、1つの方法や成分に頼ることなく患者一人ひとりに併せたオーダーメイド治療を進めるなど患者本位の治療を進めています。

 

 

(3)銀座総合美容クリニック
銀座総合美容クリニックは、『銀クリ』の名で知られる定評のあるAGA治療の専門病院です。患者一人ひとりの状態に応じて適切なAGA治療を行うほか、発毛有効成分を毛根直下に直接導入する『ノーニードル育毛メソセラピー』等の最新の医療技術を採用することで高い治療実績を上げています。料金プランが明確なのも安心できるところですね。

 

病院まで行くのが面倒くさい・・・

AGAの治療で病院に行くのは、初めての人にとっては不安があるかもしれません。病院やクリニックにもそれぞれ特色があり、医師が診察をしてみないと治療方針が決められませんので、まずは直接診てもらいに行くのが良いと思います。

 

「でもいきなり高額な治療法を進められたら困ってしまう」と思うかもしれませんね。普通はそうした高額な治療方法をいきなり勧めることはないですし、ましてや高額な治療方法を即決するよう急かすことはありません。もし、今すぐ決断を!なんて病院があったらそこはちょっとアヤシイです!

 

※ここで高額というのは、ローンを組まなければならないようなレベルのことを言っています。通常、AGA治療は自由診療となりますので、一般の病気に比べて治療費が高くなるのは致し方がないことです。

 

AGA治療を始めると、定期的な病院通いになったり薬を飲み続けたりと面倒だと思うことがあるかもしれません。ただ、今、薄毛で悩んでいる、薄毛のせいで何か引け目を感じているのであれば、楽しい人生のために少しのあいだ頑張ってみてはどうですか?

 

AGA治療と費用について

AGA治療は、美容整形と同じく自由診療となります。つまり、扱いが病気によるとは違うということです。そのせいもあり、クリニックによっては、初回は無料診断を行っているところも結構あります。最初に診断をしてもらい、そこのでの治療方針や医師からの説明に納得が出来たら改めて治療を進めるという流れですね。

 

AGAの治療方法はいくつかあります。その方法が合うかどうかも人によって変わります。治療を始めるのであれば、自分が納得したところで進めたいですよね。

 

そのために、最初は無料相談をいくつか受けてみるというのも1つです。無料相談ですから、かかる費用は交通費ぐらい。無料相談でも、受けてみればある程度自分の状態が分かってきますので、AGA治療をどうするか迷っている方はまずは無料相談から始めてみてはどうでしょうか。

 

AGA治療で使われる薬について

AGA治療で使われる薬

 

AGA治療で使われる代表的な薬を紹介すると、プロペシアとミノキシジルの2つです。それ以外にもAGA治療薬はありますが、まずはこの薬が選ばれることが多いと思います。

 

・プロペシア
プロペシアはフィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)によるものと言われていますが、プロペシアはそのジヒドロテストステロンの発生を抑制する作用があります。薄毛の原因となるホルモンの発生を抑制することで薄毛の進行を遅らせようという薬ですね。

 

効能効果:脱毛の抑制
副作用:性欲低下、ED(勃起不全)、じんましん

 

 

・ミノキシジル
ミノキシジルは、毛髪のもととなる毛母細胞に直接働きかけることで発毛を促進するための薬です。もともとは、血管拡張薬として高血圧の治療に使われていましたが、後に発毛作用があることが分かり、発毛剤に転用されたものです。毛母細胞の状態を改善することで、発毛しやすくなるほか、ハリのある丈夫な髪の毛をつくることにもなります。もともとの薬の由来から、低血圧の人は服用に注意が必要です。

 

効能効果:発毛の促進
副作用:頭皮のかゆみやかぶれ、じんましんなど

AGAの病院に行かなくても良い?

AGAの治療を継続して行うというのは、一見面倒なことです。「安いから」「手軽だから」と、ネット通販で薬を購入したいと思うかもしれません。

 

 

ただし、処方薬が合うかどうか、服用して問題ないかどうかは自己判断では危ないものです。薬については、安易に考えると安く済ませるつもりが結果的に高く付いたというだけでなく、健康への被害がでる可能性もあります。自分の身体のことを考えるなら、まずは医師による診察を受けることを強くオススメします。